「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」募集開始のお知らせ

ふるさと名品オブ・ザ・イヤー
内閣府や民間企業13社でつくる事務局は、地域の魅力を伝える商品や取り組みを対象として
ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」を募集しています。

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」は、地域の未来を支える名品とその市場開拓を支援する表彰制度です。
地域の魅力づくりを支援する民間企業が、各地域に眠る名品とそれを支えるストーリーや取組みをそれぞれの
視点で選んで表彰します。様々な切り口の部門賞が並ぶのが大きな特徴です。

地域の中には日本全体ひいては海外にも通用する潜在力の高い名品やストーリーがたくさん眠っています。
ただ、地域の外にいる消費者は、こうした未開拓の資源の存在をほとんど知る機会がなく、また、地域の側も
そのポテンシャルをどう伝えればいいのか、戸惑いがあるのが現状です。
地域の素晴らしさを域外の消費者に直接伝えようとする「地域のあらたなチャレンジ」をより多くの人に知って
もらうべく、意思を同じくする民間企業が知恵と力を合わせて、地域に眠る名品とその名品を支えるストーリーや
取組を様々な角度から発掘する。政府の後援も得ながら積極的に表彰することで、地域の将来を支える名品とその
市場開拓と“地域のファン化”を支援する。
それが、ふるさと名品オブ・ザ・イヤーを行う目的であり、理念です(公式HPより)。

〇 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー 部門賞 〇
【ヒト】 11部門 ふるさと名品づくりやその販売を通じて、地方創生に貢献する人材を輩出した取組を表彰します。

  • ふるさとコンシェルジュ部門
  • 地方創生プロデューサー部門
  • モテパパサポート部門
  • チャンピオン・ジャパン・優れびと部門
  • チャンピオン・ジャパン・地域おこし部門
  • ふるさとテレワーク部門
  • 行かなきゃ分からない食体験部門
  • 旅に出かけたくなる各ガイド部門
  • 地域振興麺部門
  • あなたの町を熱湯コマーシャル部門
  • 美味いことやったね部門

【モノ】 21部門
ふるさと名品づくりやその販売を通じて、地方創生に貢献する名品を輩出した取組を表彰します。

  • 郵便局のネットショップ部門
  • 未来ブランドオーディション部門
  • 発見!家庭画報のふるさと名品部門
  • 体験アクティビティ部門
  • お取り寄せ・ふるさと名品部門
  • 日本の極み・ふるさと名品部門
  • さとふるお礼品部門
  • ふるさとモノがたり部門
  • クラウドファンディング部門
  • チャンピオン・ジャパン・ものづくり部門
  • パーフェクト・ジャパン・純国産名品部門
  • 世界に届けたい日本の名品部門
  • 自治体が勧める まちの逸品部門
  • よしもと47シュフラン部門
  • お土産にしたい地元名品部門
  • 隠れ名品撲滅部門
  • ふるさとカレー部門
  • ニッポンの知恵と技術が「スゴイぞ!」部門
  • What’s that!?部門
  • こんなのあるんだ!部門
  • おもてなしギフト部門

【コト】 12部門
ふるさと名品づくりやその販売を通じて、地方創生に貢献した出来事や取組を表彰します。

  • 主婦やシニアの方の活躍創出部門
  • 丸の内de地方創生部門
  • 観光客視点の名品開発部門
  • 海外展開ブランド対策部門
  • グッドモーニング部門
  • また行きたくなる「おもてなし」部門
  • 地域PR広告賞部門
  • BIG PROJECT部門
  • IT × 地方創生部門
  • つなげよう!国産ホップの輪部門
  • 移動ソリューション部門
  • 交流文化部門

〇 地方創生賞 〇
地域に眠る名品や名品をめぐる人材・取組の中で、どれだけ地方の変革に向けた機運を醸成し、その実現に成功したか
という観点から表彰。各部門賞を受賞した名品と取組から選考が行われます。

 

※詳細・応募方法については、公式HPをご覧ください。

公式HP https://furusatomeihin.jp/